美人になるヒント

食べて痩せてキレイに!クリーンイーティングのヒント10

良い体の変化を多くの人が感じると言われる「クリーンイーティング」。

インスタグラムでの#eatclean の検索数は5700万件を超え、その人気の高さがうかがえます。

インスタグラム上では、糖質制限で作った体とクリーンイーティングで作った体の違いの比較や
14日間のクリーンイーティング後の体の変化や食事などがアップされているので興味のある方はし「#eatclean」を是非チェックしてみてくださいね!

体に良いものを取り入れることで、余分な老廃物や脂肪のついた体から解放され
若々しいルックスを手にいれることができる「クリーンイーティング」を行うための実践ためのヒントをまとめました。

クリーンイーティングの基本的な食事

野菜、果物、全粒穀物、植物性・動物性たんぱく質、ナッツ、種子類など
本物の食べものをたくさん食べ、加工された食品、包装された食品を極力避けます。

クリーンイーティングを採用することで、体重を自然に減らし、免疫力を高めたり、健康レベルが高まります。
さらに、クリーンイーティングは加工品を避けるために、自炊することが増えお金も節約にもなります。

より詳しい食品の選び方の10個のヒントをシェアします。

精製された砂糖を控える

白砂糖を多く取りすぎることは、肥満・成人病など健康問題に広く影響します。
クリーンイーティングを始める時は、砂糖を加えた食品や飲み物を控えます。

甘いものが欲しくなった時の代用品として、新鮮なフルーツ、精製されていない黒糖、はちみつを使います。

「ダイエット食品」を控える

体重を減らをうとすると、多くの人が”低脂肪”のドレッシングやダイエット飲料、0カロリー食品、食事代替品などの「ダイエット食品」を手にします。
これらの食品には、人工甘味料、保存料、添加物、砂糖を多く加えます。
また、低糖質食品、砂糖不使用食品でも人工甘味料が含まれ、取りすぎると肝臓に障害をきたす、糖尿病リスクが高まると言われています。

緑豊かな野菜を加える

ほうれん草、小松菜、ブロッコリー、ピーマン等の緑の野菜は、様々な食事に簡単に加えることができる栄養価の高い野菜です。
オムレツの中に入れたり、ソースに含めたり、スープに入れたりすることで簡単に、ビタミン・ミネラル・抗酸化物質を摂ることができます。

精製されていない炭水化物を摂る

白米、パン、パスタは、精製され、
体が機能するために必要なビタミン・ミネラル・繊維などの栄養素をそぎ落としたものです。
精製された炭水化物を多く摂取すると肥満、糖尿病などの健康問題を発症するリスクが高まります。

玄米、オーツ麦、大麦などの繊維質が豊富な穀物に交換すると
より高い栄養素を取り入れられます。
栄養価が高い食品は、カロリーは比較的低いです。
栄養価の高い食品には、ベリー系、卵、赤ピーマン、サーモン等がありとてもヘルシーな食材です。

外食に気を付ける

外食でクリーンイーティングを実践するときは、生鮮食品(お刺身・カルパッチョ等)、赤みのお肉、雑穀、サラダ、ワカメ、キノコをメインに選びましょう。
デザートをたまにたっぷり食べるのは精神的な満足を得られますが、揚げ物・クリーミーなソースがかかったものなどの「重い」メニューはできるだけど少なくすることをおすすめします。
メインの付け合わせも、フライドポテトではなくほうれん草のソテーがおすすめです。

食べ物そのままを食べる

何も加工されていない形で食べものを食べるのはクリーンイーティングを行うのにとても素晴らしい方法です。
野菜や果物はカットするだけで、すぐ食べられますし、ナッツもそのまま食べられます。
小腹がすいたときにちょうど良いおやつになります。

また、飲み物は100%のフルーツジュースでも濃縮還元されたものの中には砂糖が加えられている場合があります。
成分表示に「加糖」の文字がないものを選ぶのがおすすめです。

成分表示をチェック

成分表示が必要とされない食品を選ぶことがクリーンイーティングでは最高の選択ですが、パッケージングされた食品でも表示される成分の順番の最初の方に砂糖・添加物を含まない食品を選んで食事に追加することができます。

カロリーではなく成分を重視

カロリーが高く栄養素の少ない食品(お菓子、精製された穀物など)を控えることは重要ですが、カロリーよりも栄養素を重視することがクリーンイーティング実践には大切です。
例えば、アボカドやナッツは非常にカロリーが高いですが、エイジングケアに良いビタミン、繊維や細胞に良い良質な脂肪を含み、間食に採ることで空腹を抑えることができます。

タンパク質を多く摂る

タンパク質を多く含む食品は、空腹を抑え、新陳代謝を高め、筋肉量を増やし、体脂肪を減少させる効果があります。
タマゴ、小魚、豆腐、乳製品、ナッツ、豆類などのタンパク質はどんな料理にも簡単に加えることができます。

カラフルな食品を採る

カラフルな食べ物には多くのビタミン、ミネラル、抗酸化物質が含まれます。
果実、緑の野菜、サツマイモやカボチャ、赤ピーマン、ウコンやパプリカは栄養素でいっぱいです。
さらに栄養価を高めるには、オリーブバージンオイル、えごま油、リンゴ酢をかけて
栄養価の高いサラダを楽しむことができます。

クリーンイーティングは、加工品、パッケージングされた食事を控えるのでゴミがでるのも抑えることができ
環境に優しく、健康的になるひとつの方法です。

これらのヒントの中から楽しんでできることを、持続可能な方法で取り入れることで
健康面でプラスの影響を感じることができ、より健康で幸せなライフスタイルを送れることでしょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

LINEのお友達追加でお得な情報をGET

お友達追加して頂いた方に、お得にお買い物ができるサンキュークーポンを発行しています。

PAGE TOP