美人になるヒント

敏感肌、ストレスが原因かも? 肌のバリア機能とストレスの深い関係

「最近、肌の調子が悪いなあ」と感じたことはありませんか?実は、その原因、ストレスにあるかもしれませんよ。最新の研究から明らかになった、肌とストレスの関係について、一緒に考えてみましょう。

ストレスが肌に及ぼす影響

悲しむ女性

1. ストレスと皮膚のバリア機能の妨害

ストレスが私たちの肌にどのように影響するか、その一つが皮膚のバリア機能の低下です。具体的には、ストレスが増えると、睡眠の質が落ちたり、不安が増したりしますよね。これが、肌の自己保護機能に影響を与え、肌荒れの原因になることがわかっています。まるで、肌が「私、ストレスを感じているの」と教えてくれているようです。(1)

2. 心理的ストレスによる皮膚透過性バリア機能の障害

もう一つの研究では、ストレスが肌の自然な回復力にも影響を与えることがわかりました。ストレスを感じると、肌の回復が遅くなるんです。つまり、ストレスが多い時期は、ちょっとした肌トラブルも長引きやすいんですね。(2)

ストレスと上手に付き合うコツ

では、このような状況で、私たちはどうすれば良いのでしょうか?

敏感肌のためのストレスケア5選

幸せそうな女性

1. セルフケアを大切に

自分自身を大切に扱い、リラックスできる時間を確保しましょう。趣味に没頭する時間、静かな読書、またはヨガや瞑想などを取り入れることで、心の平穏を保つことができます。

2. 規則正しい生活を心がける

睡眠は肌の回復に不可欠です。規則正しい睡眠パターンを確立し、質の高い睡眠をとることで、ストレスによる肌への影響を軽減しましょう。

3. バランスの良い食事

健康的な食事は、体だけでなく肌にも良い影響を与えます。新鮮な果物や野菜、全粒穀物、良質なたんぱく質を摂取して、肌の健康をサポートしましょう。

4. スキンケアを見直す

肌に優しいスキンケア製品を選び、肌に必要な保湿と栄養を与えましょう。刺激の少ない成分を選び、肌のバリア機能をサポートすることが大切です。

5. ストレスマネジメント技術の習得

日々の生活の中で、ストレスは避けられないものですが、それを上手に管理する方法を学ぶことは非常に重要です。特に、肌の健康を守るためには、ストレスをコントロールする技術が役立ちます。

ストレスマネジメントの方法

マインドフルネス: 意識的に現在の瞬間に集中し、心を落ち着けるマインドフルネス瞑想は、ストレスを減らすのに効果的です。

運動: 定期的な運動は、ストレスホルモンのレベルを下げ、リラックス効果をもたらします。

時間管理: 一日のスケジュールを効果的に管理することで、仕事や私生活のストレスを軽減できます。

ポジティブなコミュニケーション: 家族や友人との良好なコミュニケーションは、ストレスを感じた時のサポートシステムになります。

趣味や楽しみを見つける: 好きな活動に時間を費やすことで、日々のストレスから解放され、心の安定を得ることができます。

肌のトラブルは、私たちの心の状態を映し出す鏡のようなもの。ストレスを上手にコントロールすることで、肌の健康も守られます。今日から、あなたの心と肌に、優しさを注ぎましょう。

 

【参考文献】

(1)Stress and its impairment of skin barrier function
Fan Lyu 1, Tong Wu 1, Yizhe Bian 1, Kesen Zhu 1, Jinhua Xu 1, Fei Li 1 2(https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/36759891/
(2)Psychological stress perturbs epidermal permeability barrier homeostasis: implications for the pathogenesis of stress-associated skin disorders
A Garg 1, M M Chren, L P Sands, M S Matsui, K D Marenus, K R Feingold, P M Elias(https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/11176661/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

LINEのお友達追加でお得な情報をGET

お友達追加して頂いた方に、「美人になるヒント」の更新やキャンペーンのお知らせ、お得にお買い物ができるサンキュークーポンを発行しています。

PAGE TOP