美人になるヒント

スキンケアの落とし穴!過剰な保湿が引き起こす”汚肌”のリスクとは?

美しい肌を目指す私たちにとって、スキンケアは日々のルーティンです。しかし、保湿を行い過ぎることが、肌に逆効果をもたらすことがあるのをご存知ですか?
今回は、過剰な保湿が肌に与える影響と、正しい保湿の方法についてご紹介します。記事の最後には、過剰な保湿が肌に及ぼす影響についての研究結果を分かりやすく、簡単にご紹介しています。

過剰な保湿のリスク

肌のバリア機能の低下

– 保湿剤を過剰に使用すると、肌の自然なバリア機能が低下し、外部刺激に弱くなることがあります。

水分の蒸発を促進

– 保湿剤を頻繁に塗りすぎると、肌が外部からの水分を保持する能力を失い、かえって乾燥を招くことがあります。

敏感肌の悪化

– 保湿剤の過剰な使用は、肌を敏感にし、赤みや刺激を引き起こす可能性があります。

正しい保湿方法

肌の状態を確認

– 保湿剤を使用する前に、肌の乾燥状態を確認し、必要に応じて使用量を調整しましょう。

適切な製品選び

– 肌質に合った、刺激の少ない保湿剤を選ぶことが重要です。特に敏感肌や乾燥肌の方は、低刺激性の製品を選びましょう。

バランスの良いスキンケア

– 保湿だけでなく、洗顔や栄養補給もバランス良く行い、肌の健康を維持しましょう。

まとめ

過剰な保湿は、意外にも肌に悪影響を及ぼす可能性があります。肌の状態をしっかりと見極め、適量の保湿を心がけることで、健やかな肌を保つことができます。一番は「肌のバリア機能」を整えることです。
「肌のバリア機能」を整えると、自分の肌が適切に水分を保持し、バランスよく水分コントロールできるようになります。

ラミドラボーテのスキンケアは、2アイテムのシンプルケアで一番にバリア機能を整えることに注目した、アシルセラミドを含ヒト型セラミドを5種類配合したスキンケアです。敏感肌、乾燥肌の水分コントロールを正常にし、使い続けることで中から潤う肌状態をサポート。

初めての方は3週間のトライアルキットで、肌のうるおい感を実感してみてください。

キャンペーンサイトはこちら

ラミドラボーテONLINEはこちらからどうぞ

過剰な保湿が肌に及ぼす影響についての研究結果を、分かりやすく要約すると以下のようになります:

  • 24時間持続する保湿クリームの研究: 一度の使用で24時間効果が続く保湿クリームがあります。これらのクリームが肌の水分保持能力や、肌の水分をコントロールする遺伝子(アクアポリン3)にどんな影響を与えるかを調べた研究があります。(1)
  • 保湿剤の基本的な役割: 保湿剤の主な目的は、肌からの水分の蒸発を防ぐことです。肌のバリア機能が弱まっているとき、特に保湿剤が重要になります。それにより、乾燥したり、外部からの刺激によってガサガサになった肌に水分を与えることができます。(2)
  • 長期間の保湿剤使用の影響に関する研究: 健康な人たちが4週間にわたって毎日3回、片腕にだけ保湿剤を塗り続けた研究があります。その結果、保湿剤を塗った腕は、塗らなかった腕に比べて、水分が逃げやすくなる傾向が見られました。これは、長期間にわたる保湿剤の使用が肌をデリケートにして、刺激に対して敏感になる可能性があることを示唆しています。(3)

【参考文献】
(1)Samadi, Aniseh, Saman Ahmad Nasrollahi, Mahmoud Nateghi Rostami, Zahra Rezagholi, Farideh Abolghasemi, and Alireza Firooz.”Long-Term Effects of Two 24-Hour Moisturizing Products on Skin Barrier Structure and Function: A Biometric and Molecular Study.” Health Science Reports 4, no. 2 (2021): e308.
(2)Kang, Seok-Young, Ji-Young Um, Bo-Young Chung, So-Yeon Lee, Jin-Seo Park, Jin-Cheol Kim, Chun-Wook Park, and Hye-One Kim.”Moisturizer in Patients with Inflammatory Skin Diseases.” Medicina 58, no. 7 (2022): 888.
(3)Held, E., S. Sveinsdóttir, and T. Agner. “Effect of Long-Term Use of Moisturizer on Skin Hydration, Barrier Function and Susceptibility to Irritants.” Acta Dermato-Venereologica 79, no. 1 (1999): 49–51.

関連記事

  1. ニキビを気にする女性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

LINEのお友達追加でお得な情報をGET

お友達追加して頂いた方に、「美人になるヒント」の更新やキャンペーンのお知らせ、お得にお買い物ができるサンキュークーポンを発行しています。

PAGE TOP