美人になるヒント

引き算スキンケアが美肌を育む理由とは?

引き算スキンケアが美肌を育む理由とは?

ラミドラちゃん

ラミドラボーテの「引き算処方」が、「素肌の健康」にとても有利である理由をご説明しますね!

瞬間的・表層的な肌変化のための「演出効果成分」は配合しません

ラミドラボーテは、お肌本来の美しさを引き出すことを重視していますので、「演出効果」だけの成分は配合していません。

つるっとした感触をもたらす、シリコン・ポリマー類は「感触改良剤」と呼ばれ
ファンデーションやシャンプー・コンディショナー等にも含まれています。

小じわをつるっと見せたり、もちもちとした肌触りをもたらすので、エイジングケア製品にもよく使われています。

このように一見メリットがありそうなシリコン類ですが、成分の特質上、
“天然の化粧水”である汗を弾き、蒸発させてしまうので、
長期間使い続けると乾燥肌を招きやすくなると言われています。

そもそも、シリコン・ポリマー類に、乾燥による小皺、たるみ毛穴や敏感なお肌を根本的に改善する働きはありませんし、アレルギー体質の方の中にはこれらが肌に合わず、肌を痛める悪玉の作用をすることさえあるのです。

“発汗”を邪魔しない素肌の美しさを育むために
肌本来の健康的な美しさは、何才になっても育むことができます。

お肌の持つ「美しくなる力」を邪魔しない(邪魔なものはすべて引き算)。
「美しくなる力」を支える成分だけで出来たスキンケアをお届けする。

ラミドラボーテが大切にしているポリシーのひとつです。

だから、常時気になってたお肌の悩みが頭から消え去ったり、長年の皮膚科通いから解放されたり、元・敏感肌、今・健康肌の女性が続々と生まれてるのでしょう。

お肌の角層(バリア機能)を健康的に保つと、肌の中の水分が逃げにくくなります。
ついさっき保湿したはずなのに、もう乾いている気が・・・。
理由はかんたん。瞬間的・表層的な演出スキンケアだからです。
繰り返す乾きには、根本的な解決策の「バリアケア」が効果的です。

アイテム数を2つに絞り込み、過剰スキンケアによる「肌摩擦」から解放します

ラミドラボーテは、健康的な素肌のために投資効果の低いアイテムを薦めません。

たとえば、化粧水の90%以上はただの水であり、化粧水の効果は、洗顔等で失われた水分を補うことに限定されます。

ところで、洗顔で失われたものは水分だけでなく、油分も失われてますので、水分と油分を同時に補えるものでないと一瞬潤った気(すぐ蒸発)がするだけなんです。

特に、乾燥肌や敏感肌の方で注意していただきたいのは、化粧水のつけすぎはお肌をふやけさせ「さらに乾燥・敏感肌を招く原因になってしまう」ことです。

水溶性の成分はお肌に浸透せず、お肌をふやけさせることでお肌の表面にある角層バリアを緩めてしまいます。
角層バリアが緩まると、外からの刺激に弱くなり、バリア機能を持たない未熟な細胞がお肌の表面に晒されるため、
様々なものが悪い刺激になってしまいます。

化粧水は、肌への働きかけとコストとのバランスも悪いため、 ラミドラボーテは化粧水を取り扱っておりません。

香料で「心地よさの演出」はしません

香りの良い化粧品は、使用して心地良いものです。私もそう思います。
でも、心地よさと引き換えに安全性を失っていたら・・・。

香料はアレルギー症状を引き起こしやすく、肌トラブルが最も起きやすいと言われています。
ラミドラボーテは、スキンケアは毎日使うものだからこそ、安全性を重視し、肌への優しさ、低刺激を1番に考えました。

嗅覚は脳に直接響くため、一瞬の快適さを演出しやすく、化粧品を試しに使ってもらって気に入ってもらって買ってもらうという業界の成功方程式があるのですが、これは肌の強い方にしか向いてない方法だと思っています。

ラミドラボーテは、敏感肌や乾燥肌などの肌の悩みをお持ちの方でも本当に安心してお使いいただけ、
肌本来の「美しくなる力」を呼び覚ますことを目指してますので、
香料を一切入れないという選択をしました。

防腐剤フリーで誤魔化しません

防腐剤フリー化粧品には大量の「防腐効果のある防腐剤扱いされていない成分」が含まれています。
抗菌効果のあるものには刺激性の高いものがあります。

防腐剤は、品質劣化を防ぐため必要不可欠な成分です。
防腐剤は肌に良くないというイメージが定着しているため、”防腐剤無添加”とか”防腐剤フリー”といった宣伝文句が最近のトレンドになっていますが、
国が認めた防腐剤を使わずに、防腐剤効果のある成分を使っている場合があります。
防腐剤としては承認されていないので、防腐剤フリーと表示できるのですね。

そのような「防腐効果のある防腐剤扱いされてない成分」は、防腐効果を発揮するために大量の防腐剤が必要になります。
もともと防腐剤として扱われてないので当然です。
大量の刺激性の強い成分を入れることで、あたかも安全であるかのように商品アピールするのはお客様を騙しているようなので、ラミドラボーテは正々堂々と防腐剤を入れていると説明しています。

ラミドラボーテは、ごく少量でも防腐効果を発揮するメチルパラベンを使用しています。
メチルパラベンは、正式にはパラオキシ安息香酸メチルと呼ばれ、多くの処方箋医薬品にも配合されています。

また、ラミドラボーテ独自の検証を完全クリアした処方によって製造しています。

※工場による所定の検証に加え、独自の検証を実施しています(詳しくは同梱物「開発ストーリー」をご覧ください)。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

LINEのお友達追加でお得な情報をGET

お友達追加して頂いた方に、「美人になるヒント」の更新やキャンペーンのお知らせ、お得にお買い物ができるサンキュークーポンを発行しています。

PAGE TOP