美人になるヒント

敏感肌対策にまつわる常識非常識クイズ【日焼け止め編】

ラミドラちゃん

知っていそうで知らない知識、意外な効果をもたらす知識、知って得する知識を増やして
すっぴん美肌を手に入れましょう!

今回は敏感肌対策にまつわる常識非常識クイズ【日焼け止め編】です。

日焼け止めは刺激になりやすいから使わない方が良い?

×(不正解)
「日焼け止めは肌に負担をかけそうだから」
「色々塗ると肌の負担になりそうだから」と、
日焼け止めを使わない方がいらっしゃいます。
「実際に肌荒れを起こしたことがあるから塗らない」という方も。
でも実は、朝のスキンケアは、日焼け止めまでやりきるのが正解です。

「紫外線」はシミ、シワ、たるみの肌老化を起こすだけでなく、
肌を刺激から守ってくれる「バリア機能を壊す」ため、敏感肌を余計に悪化させてしまうのです。

敏感肌さんに日焼止めはマストアイテムです!

でも、敏感肌の方が怖いのは、日焼け止めが肌荒れの原因になることですよね。

敏感肌さんの日焼け止め選びでは、「刺激が少ない上、紫外線散乱剤が成分に含まれていて紫外線をカットするもの」を選びましょう。

日焼け止めには「紫外線散乱剤」配合と「紫外線吸収剤」配合の製品があり、
「紫外線散乱剤」は、肌にベールをかけるイメージ
「紫外線吸収剤」は肌にスポンジを置くイメージです。

ベール(散乱剤)は、紫外線カット効果は弱いのですが、肌に優しく、
スポンジ(吸収剤)は、紫外線をしっかり吸収し、紫外線カット効果が高い分、肌への刺激になりやすいという、特徴があります。

●紫外線吸収剤として使われている成分
・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
・メトキシケイヒ酸オクチル
・パラメトキシ桂皮酸エチルヘキシル
・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
・ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン
・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
・オクチルトリアゾン
・オクトクリレン
など

●紫外線散乱剤として使われている成分
・酸化チタン
・酸化亜鉛

成分が分かりにくい時は、実際に手などに塗ってみてください。
「白くなる日焼け止め」が、「紫外線散乱剤が配合されている日焼け止め」です。

上記の成分を目安に、日焼け止めを選んでみてくださいね。

紫外線散乱剤の日やめ止めは肌に優しいのですが
肌に残ったままにしてしまうと、くすみの原因になる可能性もあると言われています。
夜にはしっかりクレンジングで日焼け止めを落としましょう。

次回は敏感肌対策の常識非常識クイズ【クレンジング編】です。
お楽しみに♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

LINEのお友達追加でお得な情報をGET

お友達追加して頂いた方に、「美人になるヒント」の更新やキャンペーンのお知らせ、お得にお買い物ができるサンキュークーポンを発行しています。

PAGE TOP