美人になるヒント

若さの秘密。セラミドって何故スキンケアとしていいの?

お肌を若々しく健康に保つために、
ビタミンC、ビタミンA等の栄養を与えたり
保湿をしっかり行うことは、かねてから言われているところ。

お肌を、ふっくら、健康的に、そして幸せに保ちたいなら
「セラミド」をスキンケアに選ぶことがポイントの一つです。

セラミドがお肌にとってどんなものであるのか?
セラミド化粧品を使うことで、お肌にどんなメリットがあるのか?
ご紹介しますね。

セラミドって何?

セラミドとは、簡単に言うと
お肌の一番上の層である「角質層」に高濃度で見られる脂質です。
セラミドはお肌の構成の50%を占めているので、お肌がどのように見えるのかを左右します。

お肌の断面はこのようになっています。

・上の画の水色の丸いものがセラミドです。
セラミドを分かりやすく例えると
角質にある細胞がレンガで、
レンガが崩れないようにピッタリ密着させる、接着剤のかわりになるモルタルがセラミドです。

セラミドは、角質と角質をくっつけて保護膜を作り
・水分の蒸発を防いだり
・環境ストレスによるお肌ダメージを防ぎます。

セラミドは、お肌を守る役割をするので「バリア機能」の一部とも言われています。

セラミドを補うメリットとは?

若いお肌は元気でセラミドをたくさん作ります。
しかし、年を重ねるごとに代謝は衰え、また蓄積された紫外線のダメージによりお肌のセラミドの質と量は減少します。

セラミドが減少することによって、バリア機能が壊され
・乾燥肌
・敏感肌
・肌荒れ
・しわ
・顔の赤み
等のお肌トラブルを引き起こす可能性があります。

スキンケアでセラミドを補うことで、これらのお肌トラブルを解消し
お肌を若々しくイキイキと見せ、しなやかに保つことができます。

セラミド化粧品にはどんなことが期待できる?

セラミドを配合したスキンケア製品は、お肌のバリア機能をサポートし、お肌の中の保水環境を整えお肌が乾燥するのを改善します。

すると、乾燥による小じわやシワ、たるみが予防され、刺激に負けにくくなります。

合成セラミドと天然セラミド、効果的なのはどっち?

セラミドがエイジングケアに優れた成分と言われるのは
歳を重ねるごとにお肌の水分量が減っていくことを防止することで、
乾燥によるシワ、たるみを予防するからです。
スキンケアに含まれるセラミドは「植物由来」「合成セラミド(ヒト型セラミド)」があります。

植物由来のセラミドのメリット・デメリット

植物由来のセラミドは、価格が安いのでお気軽に購入できるメリットがあります。
しかし、植物由来のセラミドは、お肌の中の保水力を整えたり、バリア機能をサポートすることはできないという欠点があります。
また植物の個性によって、成分が安定しないというデメリットもあります。
植物性のセラミドでは、エイジングケア効果は期待できませんが、脂性成分なので「保湿」としての効果はあります。

合成由来(ヒト型)のセラミドのメリット・デメリット

エイジング効果を狙うなら合成(ヒト型)セラミドを選ぶことは素晴らしい選択肢のひとつです。
お米を元にヒトのセラミドと同じ構造にしたものをヒト型セラミドと呼んでいます。
ヒト型セラミドは、安定した品質で、お肌を若々しく見せます。
お肌の「中」の保水環境を整えるのも、ヒト型セラミドならではの効果です。

セラミドの効果を感じやすい肌タイプは?

セラミドは、お肌の中に自然に存在する成分なので、どんな肌タイプの人でも相性のいい成分ですが、
特に「敏感肌」、荒れやすいお肌、オイリータイプのお肌も理想的なお肌に整えます。
年齢を感じるお肌も、セラミド不足が原因の一つなので、小じわが気になる、たるみ毛穴が気になるお肌のケアにも良いでしょう。

ラミドラボーテAGE DEFYINGシリーズのセラミド


ラミドラボーテのAGE DEFYINGシリーズのローションセラム・クリームに配合されてるセラミドは
お肌に馴染みやすく、お肌の中の保水環境を整え、バリア機能をサポート、健康的なお肌作りのサポートをするヒト型セラミドです。
ヒト型セラミドを5種類配合し、セラミドと相性が良い「EGF」「FGF」「IGF」のグロースファクターも配合し
お肌の質を底上げします。

年齢肌のためのカタログへ

敏感肌のためのカタログへ

乾燥肌のためのカタログへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

LINEのお友達追加でお得な情報をGET

お友達追加して頂いた方に、お得にお買い物ができるサンキュークーポンを発行しています。

PAGE TOP